トップ

安心安全な住宅とはなにか

日本の住宅の過去

物件購入

一般的な住宅と無添加住宅の違い

これまでの日本の住宅はコストを最優先するあまり、化学建材や合成接着剤などを多用してきました。その結果、シックハウス症候群といった病気が生まれてしまったのです。そこで、化学建材や合成接着剤を一切使わない、天然素材にこだわった住宅が注目を集めています。これは無添加住宅と呼ばれ、出来るだけ化学建材や合成接着剤に頼らず、安心で安全なものを使って建てるというものです。また、天然素材を使うという事は、自然との共存も可能となります。その為、自然と共存しながら安心して生活を行っていきたいという方に、無添加住宅はピッタリです。

無添加で建物の寿命が延伸

住宅は、そこに住まう人たちの暮らしや健康にとても深い関係があります。化学物質や化学建材などを使わずに、自然で身体に害がない無添加住宅があります。建物には、化学建材や合成接着剤などを多用したものが多いですが、これが建物の寿命を短くしているひとつの原因であるともいわれています。天然の素材である、しっくいや無垢材などを使うことで、建物の寿命を延ばすことができ、住む人たちの身体も守ってくれることから健康でいられる期間が長くなりそうです。無機物を多く使用しているため、安心して生活をすることができるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 安心安全な住宅とはなにか. All rights reserved.